FC2ブログ
第381号~無事終了しました。ご支援ご協力ありがとうございました。~
2019 / 12 / 17 ( Tue )
その年に話題となった新語・流行語を決定する年末恒例の「2019ユーキャン新語・流行語大賞」が発表され、
「年間大賞」には、ラグビーW杯で初の8強入りを遂げ、日本列島を熱狂の渦に巻き込んだ日本代表チームのスローガン
「ONE TEAM(ワンチーム)」が選ばれました。
その他、トップ10には、「計画運休」「軽減税率」「免許返納」、そして「令和」等、
世相を反映する数々の言葉がランクインしたようですが、ラグビー人気にあやかり、
それらを跳ね除けて見事大賞に選ばれました。
早速ビジネスシシーンでは、「ONE TEAMで頑張りましょう」等、あらゆる場面で頻繁に使われているようですが、
同じ様な意味合いでよく耳にする「一枚岩」と比べると、やはりソフトで今風な、おしゃれな表現かなと思います。
さて、好天に恵まれた11月17日(日)に、神戸文化ホール中ホールで開催した
「近畿知的障害者福祉大会(通称:近畿大会)」は、多くの皆様のご支援ご協力のお蔭を持ちまして、
盛会裏に無事終了することができました。心よりお礼申し上げます。

 当日は、神戸の秋を彩る最大の風物詩である「第9回神戸マラソン」と重なったため、通行規制が行われ、
周辺の道路は大渋滞しました。
観光バスをチャーターして参加して下さった京都育成会は、この渋滞に巻き込まれ、このままでは間に合わないと、
数名の方は途中下車し、徒歩にて会場に駆け付けて下さいました。
また、渋滞を避けるために、敢えて観光バスを使わず新快速電車に乗車するも、当日、
下りのJR電車が大幅に遅れたそうで、滋賀県からお越しの全国手をつなぐ育成会連合会の久保会長は、
舞台の緞帳があがる寸前の到着となりました。
こういった慌ただしい中で行われた近畿大会ですが、お忙しい中、大勢のご来賓の皆様にお越しいただき、
神戸市副市長の寺崎秀俊様、神戸市会議長の安達和彦様からご祝辞を賜りました。
そして、育成会活動にご支援、またご尽力いただいた方々に、感謝状・表彰状の贈呈を行い、式典を終了しました。

続く、全国手をつなぐ育成会連合会の田中統括による「中央情勢報告」は、
大勢のご来賓の皆様がお残り下さり、お聞き下さいました。
今回の近畿大会は、今、全国の育成会で大きな課題となっている「親子の高齢化」を踏まえ、
「考えよう! 本人の高齢化、親の高齢化」をテーマに行いましたが、昼食休憩のあとの午後の部のトップバッターは、
国立のぞみの園・総務企画局・事業企画局事業企画部部長の古川信二氏で、
「国立のぞみの園の高齢化への取り組み ~普通の暮らしを求めて~」と題したお話をお聞きしました。

のぞみの園の正式名称は、「国立重度知的障害者総合施設のぞみの園」で、
知的障害者の高齢化についての国内第1の研究機関です。当会では、全国の育成会に先がけて、
数年前より知的障害者の高齢化について着目し、古川氏をお招きし研修を深めてまいりました。

大型コロニーとして「終生保護:終の棲家」の役割を果たしてきた「のぞみの園」ですが、
「施設から地域へ」という国の方向性の転換により、平成15年、地域移行に取り組むことになりました。
古川氏は、入所施設を決して否定しているのではなく、今後の入所施設の在り方をお話しした上で、地域移行の原則、
概念、そのアプローチや現状、また地域で暮らすための必要な支援等、いろいろ詳しく、丁寧にお話し下さいました。

続いて、田中統括がコーディネーターとなり、「地域・家族・専門職ができること」と題したシンポジウムを行いました。
まずは、国立のぞみの園のサービス調整企画課課長補佐の清水清康氏から、
「グループホームにおける高齢知的障害者の支援」と題した報告で、機能低下が進み、
一般の住宅では生活が困難になってきた利用者のために開設したグループホームのお話を聞きました。

続いて、北摂杉の子会の地域生活支援部部長の平野貴久氏より「グループホームご利用者の
医療的対応について」と題し、訪問診療、訪問歯科、訪問看護等の利用と共に、
3名の利用者の高齢化・重度化の進行状況から、知的障害者の高齢化が始まる年齢は一般の方より10年~20年早く、
しかも高齢化のスピードも早いとの報告がありました。

本大会は上記の通り行いましたが、一方の本人大会は、式典終了後、文化ホールから南に歩いて
5分程度の「たちばな研修センター」で行いました。

午前中、Aの「トーク会場」では、『働く』、『権利擁護』、『生活と余暇』についての項目に分かれ、
本人たちがいろいろ話し合いました。また、Bの「楽しみの会場」では、音楽を聞いたり、パラバルーンで遊んだり、
南京玉すだれ等を見たりして過ごしました。

昼食のあと午後から、Cの「スポーツの会場」では、神戸市社会福祉協議会
障害者スポーツ振興センターのご指導のもと、いろいろなスポーツを体験しました。
そして、Dの「リラックス会場」では、缶バッチを作ったり、また、抹茶とおいしい和菓子をいただきました。

前回、神戸市が当番だった8年前の近畿大会は、台風で中止となり、実に16年ぶりの開催となりました。
いろいろ不手際もあったかと思いますが、まさに「ONE TEAM」で乗り切り、無事終了することが出来ました。
早朝よりお手伝いいただいた会員さんをはじめ、ご支援ご協力いただいた全ての皆様に心より感謝申し上げます。

令和元年も残すところあと僅かとなってまいりましたが、年明けの1月8日から、
「津久井やまゆり園」事件の被告の裁判員裁判が横浜地裁で始まります。
裁判は、合計26回開かれ、3月16日に判決が言い渡されるそうです。この裁判では傍聴席に遮蔽板を設置し、
遺族や被害者の家族などが、他の傍聴者から見えないようにする等、異例の措置を取るそうで、
新年早々、メディアでも大きく取り扱われるものと思われます。事件について、反省の言葉も謝罪の言葉もなく、
いまだに正当性を主張し続けている被告の言動を注視したいと思います。(会長 後藤 久美子)
スポンサーサイト



09 : 41 : 39 | 会長のひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
兵庫支部クリスマス会
2019 / 12 / 17 ( Tue )
令和元年12月8日(日)午後1時30分~3時

8月に新しくなった兵庫区役所2階
ピッカピカの「みなとがわホール」に於いて
育成会兵庫支部・重心父母の会との合同クリスマス会を
行いました。

ご来賓の方々に、クリスマスの思い出をひと言頂きました。
懐かしく思い出すように語ってくださいました。

笑いヨガ(いいぞ!いいぞ! イェーイ)・沖縄エイサー(リズムカルな太鼓のリズム)
みんなで踊ろう(パプリカ・恋するホージュンクッキー)全員がマイペースで
にこにこ顔で身体を動かしていました。

兵庫21

女神様とサンタさんの登場でお楽しみのビンゴゲーム
皆さん真剣に数字と向き合っていました。

お礼の言葉 「・・・来年も楽しみにしています。ありがとうございました。」
          色々と準備してくださいました、担当者に感謝しております。
09 : 33 : 14 | 「兵庫支部」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
中央支部 クリスマス会
2019 / 12 / 09 ( Mon )
 令和元年12月8日(日)  サンルートソプラ神戸 にて

 参加者がいつも多く会員の半数以上の参加があるクリスマス会を行いました。
今年のゲストは
    フォルクローレグループの「エスペランサ」さまでした。
 カラフルで可愛い民族衣装と手作りの素敵な帽子で珍しい楽器を使用しての演奏です 
 コンドルは飛んで行く~  花まつり~
 有名な曲を素敵な音色を奏でてくれました。
 また
 素敵な歌声でアニメソングも演奏してくださいました。
 
 フォルクローレの曲は静かに耳を澄ませたり、手拍子をしたり楽しんでいました。

中央50


食事も美味しくいただいた後は、ゲームをしました。
○×ゲームは簡単なクイズに答えるものですが、みんな予想以上に正解が多くてびっくりしました。

そしてビンゴゲームをして、みんな好きなプレゼントを選び嬉しそうでした。

デザートの後はサンタさんが登場して、プレゼントを1人1人手渡してもらって喜んでいました。

中央51


今年も楽しいクリスマス会を開催でき一安心しております。

来賓の方々もゲストの方々にもゲームに参加していただき楽しんで頂けたと思います。

 

 
15 : 03 : 29 | 「中央支部」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
第380号~多くの会員が苦労していると思います。絶大なるご協力をお願いします~
2019 / 11 / 19 ( Tue )
 先月、10月11日(金)から13日(日)まで、第19回全国障害者スポーツ大会の視察団として2泊3日で
茨城県へ行く予定でした。
全国障害者スポーツ大会とは、国民体育大会終了後、その開催地で行われる大会で、私も会長になって以来、
東京、長崎、和歌山、岩手、愛媛、福井と行かせていただきました。
どの開催地においても、多くの地元の方々がボランティアとして大会を支え、本大会は、障害者理解への一翼を担った
ビッグイベントであると言っても決して過言ではないと思います。

また、今回の大会では、陸上、水泳、ボーリングに3名の会員子女が選手に選ばれ、
その活躍をとても楽しみにしておりましたが、台風19号の接近により大会は中止となってしまいました。
非常に残念ではありましたが、台風の進路や大きさ等考えると当然の事であり、
選手達には、また、来年の鹿児島大会に向け頑張ってもらえたらと思っておりました。

ところが、一夜明け、テレビの画面に映しだされた被災地の光景には言葉を失いました。
堤防が決壊し氾濫する千曲川、その他にも多くの河川が氾濫、まるで溜池のようになっていました。
あちこちで土砂崩れが起こりましたが、何と、土砂災害警戒区域に指定されていない場所でも、被害が相次いだそうです。
道路は寸断され、家屋は倒れ、わずか数時間の間に、まさかあれほどの大きな被害を及ぼすとは思いもしませんでした。
本年8月の九州北部での豪雨、9月は千葉県を中心とする台風15号、
そして立て続けに10月には19号と、短期間の間に次々と激甚災害が起こりました。

温暖化の影響?とも言われておりますが、いったい日本列島はどうなっているんでしょうか?
大きな災害が起こる度に、一番気がかりなのは障害のある本人たちです。
今、全国手をつなぐ育成会では、19号の被害状況把握のための調査中で、全容は明らかにはなっておりませんが、
多くの支援学校や福祉関係施設等が浸水したと聞いておりますし、会員宅も含めて、広域にわたっての被害が予想されます。
 25年前の阪神大震災では、障害のある本人たちを避難所に連れて行けず、車中や壊れかけた
家屋で生活せざるを得なかったという方も大勢おられたことと思います。
しかし、その後に起こった「東日本大震災」でも「熊本地震」でも、私たちの時と同じことが
繰り返されました。そして、この度の台風19号でも同じです。
テレビ等では、再三にわたり「命を守る行動を」と避難の呼びかけがありましたが、避難したくとも、
本人を連れては行けないという現実があり、自宅にとどまるというケースも多々あったようです。

阪神大震災の教訓から「福祉避難所」というものがつくられました。
「福祉避難所」とは、災害時に、特別な配慮が必要な方のための二次的避難所ですが、
台風19号による死者や行方不明者が出た13都県38市町村の中では、16市町村が「福祉避難所」を開設したそうです。
あれだけの規模の大災害であったにも関わらず、開設したのは、たった16か所だけ?と驚きました。
国では、各自治体に対し、「福祉避難所」を整備するよう促しているそうですが、
2015年3月に発表された内閣府の調査によると、高齢・障害等事業所と福祉避難所の協定を結んだ自治体は、
全体の45%にすぎないそうです。

 そして、19号で開設した16市町村の避難所のうち、10市町では開設していることを公表しなかったそうです。
非公表の理由は「一般の人が殺到し、必要な人が利用できなくなる恐れがある」ということで、
これは、熊本地震の際、「福祉避難所」に、一般市民が押し寄せるという問題が発生したことがあり、
それを避けるために周知をしなかったそうです。
この問題は、「福祉避難所」が出来た当時からの延々と続く懸念事項であり、どうすれば本来の目的のもと、
「福祉避難所」の運営が出来るのか、その対策が急がれます。

 神戸では阪神大震災以来、幸いなことに大きな災害はありませんが、仮に「南海トラフ巨大地震」が発生したら、
どうなるのでしょうか?
 毎年、神戸市に対して提出している要望書の中には、「福祉避難所」の設置や
一般の避難所の中での専用スペースの確保等、必ず、災害対策についての項目も盛り込んでおります。

 10月末に行われた回答会では(回答会の報告は来月号に掲載)、神戸市では、福祉避難所の指定も既に行われており、
また、一般の避難所の中での専用スペースの確保や、要援護者の状態に応じた受け入れ先の選定等、
今後の取り組みに向けて検討している状況をお話しいただきました。
ただ非常時においては、決められた通りにうまく進まない事も十分考えられます。
いかなる時もそれらが機能するように、あらゆるケースを想定し、細やかな計画を立てて実行して
いただきたいと切に思います。

 本誌4ページに記載の通り、全国手をつなぐ育成会連合会では、台風15号、九州北部水害に加えて、
台風19号に対する義援金のお願いもしております。
 被災地では、自衛隊の設営するお風呂に入りたくても、介助者がいない(母と息子の場合)ため、
雨水の混じった井戸の泥水を使って、自宅のお風呂に入っている人もいるそうです。
また、避難所に行けないので、土砂崩れで壊れかけた家屋に住み続けている人もいるそうです。
被災地では、多くの会員家族が不自由な生活を強いられていると思われます。
私たちに出来る事、それは、一日も早い復旧を願い、少しでも多くの義援金を集めることしかありません。

本誌7ページで案内の又村あおいさんの研修会でも募金箱を設置したいと思いますし、事務局に
は常時設置いたしておりますので、なにとぞご協力をお願いいたします。

 今回の又村さんの研修会は、「障害のある人の暮らしとお金パート2 ~私的備えと託し方~」
と題し、マル優や保険、遺言、信託、成年後見制度諸々を詳しくお話いただきます。
お金の残し方や、そして、せっかく残したお金をだまし取られないよう管理する方法等、是非
ともお聞きき下さい。大勢のご参加をお待ちしています。     (会長 後藤 久美子)
14 : 25 : 00 | 会長のひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
本人学習グループ「てとて」「JVC」の20周年を迎えて記念交流会
2019 / 11 / 18 ( Mon )
今年度 中央支部本人学習グループ「てとて」は 活動20周年を迎え、その20周年を記念して、先日8月25日日曜日 
午前11時から午後3時まで、神戸龍谷高校にて「てとて」・「神戸龍谷高校JVC部」交流20周年の会が、開かれました。
 当日は、ご来賓の皆様、「てとて」、「てとて」のご家族や神戸市手をつなぐ育成会中央支部のみなさま、
(株)いくせいの皆様そして神戸龍谷高校「JVC」部の生徒さんそして「JVC」部卒業生とそのお子さん
総勢129名の多数の方が出席され、盛大な式典となりました。
 式典では、「てとて」代表 住中和哉さんのあいさつから、中央支部長さん等にも順にご挨拶を述べ、
また ご来賓のご祝辞を「ちゅうおう障害者地域支援センター」所長 田中様から頂戴いたしました。 
最後、スライドショーで「てとて」の活動を振り返りましたが、この20年間 多くの方にささえられたさまざまな
思い出がよみがえり、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
 皆で記念撮影をした後、昼食、先ほど全員で撮った記念写真入りうちわ作成も入っているゲームラリーを
賑やかに楽しみました。
 この会を通して 実にたくさんの皆様から支えられていることが、実感でき そのことに深く感謝するとともに
今後もいろいろと模索しながらも 活動の継続を決意する会でした。
 最後に裏方でさまざまな陰でのはたらきをしてくださった皆様 改めて感謝申し上げます。
                                            てとて支援者  菊川義秀


てとては、今年20周年を迎えることができました。 これもJVC部や先生方、
支援者のおかげです。ありがとうございます。
「てとて」は、しあわせの村のキャンプやボーリング大会、卓球大会、グランド
ゴルフなど楽しい行事を1年間続けています。
そこには、いつも高校生のみなさんの助けが、ありました。「てとて」のメンバー
みんなは、毎月楽しみにしてきました。
今日は 来賓の方やいくせいのみなさん、またJVCの方々 たくさん出席していただきありがとうございました。
これからも30周年めざしてみんなで協力して続けていきたいです。
どうか よろしくお願いいたします。
                           
                                     「てとて」代表  住中和哉


「てとて」「JVC」20周年交流会に 沢山の方々にご参加頂き、感謝いたします。
20年前、平成10年に手つなぐ育成会中央支部会員子女で、18歳以上の人を対象に
障害者の余暇活動の充実、「地域で共に生きる」ことの啓発、仲間作り、ネットワーク作り、助け合いと協調性を身につけることを
目標に 学習グループ「てとて」としてスタートいたしました。
20年前は、知的障害者が、親から離れて一人で活動することは、難しいとされていました。 
今のような移動支援のサービスもなく、親子でいつも行動することが、ほとんどでした。20年と言うと 
生まれた子どもが、20歳を迎える歳月です。
メンバーの1人、1人が着実に成長が見られ、自分の意志をしっかりと伝えること、
仲間を思いやるやさしい心、特別活動による助け合い等・・・
支援者一同、心強く、うれしい限りです。
障害者を支援することは、障害者のためだけではなく、自分自身の成長のためであると、私は思っております。 
自分自身が、楽しくなくては活動は続きません。
30年に向けての「てとて」の活動は、メンバーの中には高齢になっている方もおられます。 
ちょっとスピードをゆるめて、メンバー主体で活動を続けて行きたいと思っております。
これからも中央支部の会員の皆さんの支援と20周年にご出席頂いた来賓の皆さん、
神戸龍谷高校「JVC」等、今まで以上のご支援を頂けたらうれしく存じます。

                                      支援者代表     戸江 美津子

私たち「JVC」は、「てとて」のみなさんが楽しく安全に、仲間と一緒に休日を楽しめるようにお手伝いさせてもらっています。
卓球大会やグランドゴルフ大会、新年会、合宿など、「JVC」に入部しなければ体験できなかったことを、
たくさんさせていただいています。
「てとて」の皆さんと交流することで、知的障がいをもっている人も、みんな明るく元気に生きていることを知りました。
このように貴重な経験ができるのも、JVCの先輩方が毎年しっかり活動を続けてきたおかげだとおもいます。
これから先も「JVC」と「てとて」が一緒に活動していけるように、部員一同がんばりたいと思います。
どうぞこれからもよろしくお願いします。
                      
                                      神戸龍谷高校JVC部長  足立 愛


顧問になって10年 ちょうど20年間の後半を一緒に過ごしてきました。
活動を通して生徒が大きく成長してしてくれることをとても嬉しく思っています。
ここまで続けてこられたのは、「てとて」のメンバーが元気に参加してくれることが
一番ですが、戸江さんの「情熱」と菊川先生の「根性」なしには成り立たないと思っ
ています。
最初の10年間は勢いで、次の10年間はルーティンの繰り返しでここまで来ま
したが、次の10年、20年は情熱と根性だけでは続かない試練の時がやってきます。
支援する人間の力、お金の工面、色々な所で様々な人のお力添えがなければ続きま
せん。
今後とも応援してください。
                        神戸龍谷高校 顧問   林  幸世

「てとて」「JVC」20周年交流会 おめでとうございます。
20年の長きにわたり、戸江さんをはじめ 支援者の方々、龍谷高校とJVCの方々と
多くの皆様の支えと努力により、「てとて」という社会交流の場があるということに
親の1人として、ほんとうにありがたく 深く感謝申し上げます。
20年前、戸江さんに声をかけてもらい「てとて」に参加しました。スポーツ、旅行、料理教室と本当に多くの体験を
させてもらい、どれほど 子どもたちの心のよりどころとなっているかわかりません。
人と人との出会い、「てとて」、「JVC」との出会い、多くの出会いとその絆がつながりこの日を
迎えることが出来たのだと感謝の想いでいっぱいです。
これからも人と人との絆を大切に、「てとて」「JVC」の末永い、交流と活動ために
私も少しでもお役にたてればと思います。
20周年、心からお祝い申し上げます。
            
                            神戸市手をつなぐ育成会中央支部 支部長  友保 祐子

本日は、蒸し暑い中「てとて」「JVC」20周年交流会に たくさん参加してくださり、ありがとうございました。
今年の5月の特別プログラムでは、やさいしゅうかくといちご大福作りにいきました。これからも
いろいろなことを皆でがんばってきたいと思います。
本日は、来賓の皆さん、いくせいの人と、JVCの皆さん、たくさんご出席いただきありがとうございます。
こらからも どうぞよろしくお願いします。
                                     「てとて」副代表    黒田 陽子

中央49

21 : 32 : 51 | 「中央支部」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>