施設見学
2017 / 04 / 06 ( Thu )
施設見学
3月7日参加者14名にて社会福祉法人 兵庫県社会福祉事業団『三木精愛園』を見学しました。神戸電鉄「緑が丘」駅徒歩10分【のじぎく特別支援学校】の麓に位置して大変閑静な住宅地に接しております。当日は施設責任者、支援員の方より園の説明を受けその後各施設の見学をしました。昼食をカレーハウス『moimoi』にていただき帰ってまいりました。

今回参加いただいた方々の感想です

・今までは神戸市内の施設見学が中心で同じ行政範囲内で、似たようなものが多かったが、今回は三木市と行政範囲が異なっていた為、色々差異がありそれが理解でき大変良かったです。

・施設の運営、職員の利用者に対する思いなどが日々の活動の中に感じられた。グループホームの運営も、利用者に対する思いが、毎日夜間の看護師の巡回訪問などで感じられた。このような施設に子供を預けたいと思いました。

・入所施設とその近くの町中にGHがあり、入所施設の看護士さんがGHの方も巡回しておられるという点が手厚いと思いました。やはり元は県立の運営母体がしっかりしている園で、こういう所に子供を預けたら安心できるのではないかと思いました。

・今回初めての参加でしたが来年もまた参加したいと思います。我が子に合う、合わないで見学をしてしまいました。

・今日は、久しぶり支部会員14名の皆さんと一日車中でおしゃべりできてうれしかったです。三木精愛園では、心の底から知的障害者を愛し施設運営に取り組まれている職員さんのお話、姿勢を伺い、とても刺激され親としても安堵を覚えました。こんな施設が増えることを祈ってお世話になりました。気兼ねなく楽しかったです。

・広いところに色々な施設があり充実しているように思いました。憧れの三木精愛園です。大変良かったです

・初めての参加で、いろんな方の意見や考え方を教わることができてよかったです。

・施設見学に来ていろいろ話を聞いてよかったです。
神戸市に希望をよろしくお願いします。

・緑に囲まれ三木精愛園はそれぞれの施設が広々と作られ、グループホームの部屋も各々の個性でした。そこで暮らす皆さんの顔は、おだやかで楽しそうに感じました。

・こんなに環境の良い所で暮らせる方は幸せだと思います。今回の見学で私の息子に関しては又別の悩みが見えてきました。中途半端なものは結構大変だと思うようになりました。

・三木精愛園を見学させていただいて利用者の事を第一に、安全面、ケアー面、機能面など考えていて安心して暮らしていける場だと感心しました。敷地内も広く施設内でまとまっている事が安心につながります。グループホームに入れたらなーと思いました。

・三木精愛園を見学させてもらい、娘の将来を考えて具体的にどのような動きをしていったらよいのかを考える材料となりました。
親が元気にいる間に動いて、今後の参考にしたいと思っております。
今日は本当にお世話になりました。皆様お疲れ様でございました。感謝!!

すま26
 
スポンサーサイト
19 : 03 : 09 | 「須磨支部」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<第349号~障害が限りなく軽減される時代の到来? UDフェアーへ行ってきました~ | ホーム | 第348号 ~「親あるうちに」取り組むべき事 パートⅠ 第三者に託す準備を!~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kobeikusei.blog55.fc2.com/tb.php/383-cfb95290
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |