FC2ブログ
研修会報告書 「障がいのある人の暮らしとお金 ~いくら必要?どう託す?」
2018 / 09 / 22 ( Sat )


 8月10日(金)育成会会館において、講師 又村あおい氏をお招きし、上記のテーマに沿ってお話しいただきました。
 「いくら必要?」の部分では、
①収入…障害基礎年金など ②支出…食費、光熱費、家賃など 
①の方が少なければ、不足分×12ヵ月×障がいのある人の余命年数 その金額が必要ということになります。具体的な数値が出てきてドキッとした人も多かったのではないでしょうか。私的に備えるための共済制度、マル優や保険の話、また公的制度についても、分かりやすく教えていただきました。

 後半は、備えたお金をどう託すか。
さまざまな信託制度や成年後見制度など、また、その注意点について。せっかく残したお金を、いかに減らすことなく本人のために使える状態にするか。いろいろな仕組みについても考えさせられました。

 子どもの行く末を憂う人は多く、100人を超える参加者がありました。
「親亡き後」を考えるのではなく、もっと前の段階の、親が子どもに関われなくなったとき、「親の支援無き後」を考慮することが重要、という又村氏の言葉が、それぞれの胸に重く響いたのではないでしょうか。制度については、変わっていくこともありますので、引き続き勉強していく必要があると感じました。
スポンサーサイト
14 : 08 : 45 | 【本部より】 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<休日支援活動 My夢 第2回 ~秋のさわやかコンサート~ | ホーム | 「KOBE願いの記録」記入と座談会参加者募集>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kobeikusei.blog55.fc2.com/tb.php/478-9876ee12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |