fc2ブログ
第296号 障害者スポーツ大会で感じたこと 
2012 / 07 / 30 ( Mon )
                  神戸市保健福祉局障害福祉部
                          自立支援課  境田 多美枝


 恒例ではありますが、先月は、障害者スポーツ大会でさまざまな競技が実施されました。私は、水泳大会と陸上競技で、表彰式で入賞者のお名前を確認したり、メダルを首にかけたりという役割で参加させていただきました。

 力いっぱい泳ぐ人、障害を感じさせない泳ぎをする人、暑い中必死に走る人、ほんとうに楽しそうに走る人など、人それぞれですが、参加者のみなさんの一生懸命さが、ひしひしと伝わってくる光景でした。  

 また、入賞してメダルをもらう時の誇らしげなうれしそうな顔は、忘れられません。がんばったという気持と達成感が顔に表れており、このような経験が大切なものであると改めて感じました。入賞できなかった人は残念でしたが、また来年がんばってくれることでしょう。
天気にも恵まれ無事終了しましたが、支えていただいた多くの方々に感謝したいと思います。

 

 さて、今年度も障害者自立支援法等の改正により、制度の変更がありました。大きなものには、相談支援の充実を目的とするサービス利用計画の作成と、十八歳以上の施設利用者は自立支援法のサービスを利用することになったことがあります。なお、サービス利用計画の作成は、平成二十六年度末を目標に拡充していくことになっているため、神戸市では、混乱を避けて今年度は限定的に実施していく予定です。また、権限移譲により、事業所の指定権限が兵庫県から神戸市に変更されています。 

 さらに、現在、障害者自立支援法の改正となる障害者総合支援法案が国会で審議されているところです。(この文が掲載される頃には成立しているかもしれませんが。)

 このように毎年制度変更があり、障害福祉サービス全体の内容を理解することが大変になってきているように感じています。「月刊いくせい」などを拝見しますと、手をつなぐ育成会の皆様が制度について勉強し、情報を共有することに努めておられることがよくわかります。
 
 神戸市としても、制度に変更があれば、わかりやすくお伝えしていくつもりです。また、障害福祉制度がより良いものになるよう、共に考え、共に進んでいきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

 
スポンサーサイト



19 : 56 : 21 | 「いくせい巻頭言」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<第297号 ~地域で安心・安全・豊かな生活を~ | ホーム | 京都へ日帰りバス旅行!!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kobeikusei.blog55.fc2.com/tb.php/97-0b0a8a9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |